読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simpleA記

馬にふつまに 負ほせ持て

わいわい東京1周年記念祝賀会の開催報告


来たことがある人は分かるだろーけど、わいわい東京では、こーんな質問をしたくなる(気持ちは分かる)が、しても絶対答えが返ってこないので、あきらめましょー。

  1. わいわい東京って、何をする集まりなんですかぁ?
  2. どんな人が来てるんですかぁ?
  3. 金城さんって何をしてる人なんですかぁ?


でも、どんな感じなのか、本日は、ばんばって、紹介しましょ。


まずは、現場のゆるーい感じを表現するアートな写真から。まぁ、約3時間の間、こーんなモヤモヤした感じが続きます。


ところが、中山さん曰く、

「わいわい」にはいつも貴重な出会いがある。


http://d.hatena.ne.jp/taknakayama/20081016


それもそのはず、

なんだあ、この世界は。
英語半分、むちゃバラエティに飛んだ参加者。
4コマじゃ到底描ききれない不思議な世界。


http://d.hatena.ne.jp/segawabiki/20081015

なのですから。


そして、札幌の哲学者の言葉を借りれば、

未知との遭遇に賭ける気合いが人生全般、そして毎日の生活で必要なんではないかなあと思います。


http://d.hatena.ne.jp/elmikamino/20081015/1224083074


とまぁ、おおざっぱに言えば、こんな感じなのですが、じゃ、具体的にどんな感じなのかって言うと、

・冒頭幹事が不思議な三人組を連れてくる。どう見ても、八百屋/Jazzドラマー/アクションスタントマンの米国人ながら、実際は、植木屋さん/IT Engineer/英語の先生。


・わいわい主催者、黒さん(仮)のだんなさん登場。ゲーム会社にお勤めとのことで、「好きなゲームは?」と聞かれ、「平安京エイリアン!」と答えると、「・・・・・・なんですか、それは?」名作だ、名作。検非違使が活躍すんだぞっ!この方、さすが奥様が日本人だけあるのか、「前方後円墳」の意味をしっていたのに驚く。


・棋士がほんとにケーキを持ってくる。この人は、10中89良い人なんだろうと感じたぜ。


・新婚ホヤホヤの夫婦をからかう。新妻せくしゃるはらすめんたーと化す(←英語違うよ)。ある遠大な理念の元にそうしているのだと説明したら、大変喜んでもらえた。二人にあんなに喜んで貰えるなんてまったく想像もしなかった。


・2Dの世界から、せがわBIKIさん登場。帰りに、「じゃ、また!セルジオさん」と。あってると言えば、あってる!セルジウでも、セルジュでもOK。


http://d.hatena.ne.jp/sergejO/20081016

という感じなんですぅー。


ってなわけで、結局何が言いたいのかって言うと、「1周年記念ということで、総勢34名のヒマな方が来てくださいました。みなさんの物好きに、心から感謝してるよー。ブチュッ!これからも特におもてなしするわけでもないので、来れるときに、たまたま来たいと思ったら、来てみー。そんで、疲れたり、飽きたら、帰ればー」ってこと。



追加だよーん、コーナー


こんな感想も。

16枚持っていったおnewの私的名刺は、あっというまに無くなり。。
いやまさか、無くなるとは思ってもいなかったんですよ。
16枚じゃ全然足りなかったですね。


ちなみにこの私的名刺は、私が撮った写真を裏に貼って作ってあります。
写真については「なんだこれ?!」ってシビアな感想も頂きました(笑)


http://d.hatena.ne.jp/green_summer/20081015

という感じで、参加者は、かなりイジられますので、覚悟が必要です。



さらにこんな感想も。

今回で1周年で、お祝いに皆自分の分のケーキを持参してください、とあったので予定より遅れ気味の中買って行ったらば…誰も持ってきてない?!いやはややられました。もうid:simpleAさんの事は信じません(笑。ウソです。)


結論としては、難しい事言わずとも楽しかったという事。今日朝が早いので早めに帰るつもりが、少し遅い時間になってしまったのもその証拠。そしてお店でサッカーが中継されていたのにもかかわらず全く観なかったのもその証拠。
来月もなるべく参加したいと思っています。


http://chama258.seesaa.net/article/108184939.html

ちなみに、来月はコスプレの日なので、みなさん、お好きなコスプレに身を包み、参加されたし。