読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simpleA記

馬にふつまに 負ほせ持て

セシルの嘘

シンプル ビジネス Book

ある日、朝4時、オフィスについた。

 

「桑田真澄」の名前が目に入った。

 

ふと、高校時代の友人で、「桑田」に似ていたT君のことを思い出した。

 

そういえば、T君は、「浅香唯」のことが好きだったな。

 

さっそく、「浅香唯」をYoutubeで探す。

 


セシル / 浅香唯

 

「セシル」を聴いていて、一か所、気になった。

 

♪ 映画で見た セシルのように 嘘は言いたくない ♪

 

この歳になって聞くと、セシルは、これじゃーないかとピンときた。

悲しみよこんにちは (新潮文庫)

悲しみよこんにちは (新潮文庫)

 

なので、9時の開館を待って、図書館へ行ってみた。

f:id:simpleA:20130205060824j:plain

 

サガンが置いてありそうな場所へ行ったら、「悲しみよこんにちは」はなかった。

 

だが、近くに、こんなの見つけたので、借りて読んだ。

フラニーとゾーイー (新潮文庫)

フラニーとゾーイー (新潮文庫)

 

「セシルの嘘」は、まだ判明しない。

 

オフィスに戻って、「セシル」の歌詞を、何回も読んでみた。

http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND2809/index.html

 

続いて、誰か何か書いてないか、調べた。

 

http://d.hatena.ne.jp/towerofthesun/20051125#p3

を読んで、

「「恋は楽しいときより悲しいときにそっと始まったほうが長く続くね」だなんて、ちょっと図々しいにも程がありませんか??」

 という部分で笑う。

 

続いて、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1753523.html

を読んで、

http://www.keiko-aso.com/work/

へ向かう。

 

「麻生圭子」という名前で検索してみた。

 

お上品な顔立ちに、ほっこり。

 

「麻生」作詞の曲をいくつか聞いてみた。


徳永英明 / 最後の言い訳


吉川晃司 ユーガッタチャンス(LIVE)

 

「セシルの嘘」は、まだ判明しない。

 
 あれこれ読み漁っていると、こんなものに遭遇。
 
ちょいと長いけど、引用しましょ。
 
### 以下 引用 ###
長くなったついでに、
どうせ最後までみなさま、お読みになってないと推察し、
余計なことを書きますが、
Google、検索すると、さらに絞り込むためのキーワードが
列記されます。
しかし、麻生圭子の場合、
何だかね~というものばかりです。
たとえば「麻生圭子 著作」「麻生圭子 京都」「麻生圭子 ネコ」とかなら、納得なんですが、
私の場合はプライベート、オンリー。
「夫」「結婚」「離婚」「難聴」て? 何コレです。

夫の詳細が知りたい方は、左のサイドバーにリンクしてある夫のブログよりお入りくださいまし。
ブロフィール等もございます。年齢は11歳下。

離婚は82年頃(昔過ぎて忘れました)、一度したことがあります。こんなもん、一度で充分。
詳細を知りたいという、奇特な方がいらっしゃいましたなら、
新刊「麻生圭子の京できもの遊び」に書きましたので、ぜひ(なのか?)。
ファースト・マリッジのとき、親がきものを一揃え、用意してくれたので、
そのへんのきものにまつわる思い出などを、小説風(?)に綴っております。
父の生命保険の一部が、きものに化けたらしい……。
そのときのきものを染め替えて、遊んでおります。
悲しい過去も、遊んだもん勝ち。

現在はセカンド・マリッジです(96年から継続中)。

難聴は確か高度だったと思う。
身体障害者手帳の6級を所持しております。
以上。
失礼いたしました。
そしてありがとう。
いい1日でありますよーに。
### 以上 ###
 
ここまで来て、合点。
 
「セシルの嘘」は、「桑田佳祐」の歌詞と同じで、あんまし深く考えてはいけないんだ、と。
 
「麻生圭子」のあまりの潔さに、こんなことを考えた。
 
私がフランス留学をしていた1995年11月、ドゥルーズが自殺した。
 
ラジオを聞いていて、「ドゥルーズが自殺した」という言葉が聞こえたが、にわかに信じられず、聞き取り間違いかな、と思った。
 
しばらくして、「ドゥルーズは希望があるといいながら本人は自殺した。でも、デュルケムは『自殺論』を書いて絶望していたように見えて、実は最後まで生き抜いた」みたいなことを読んだ。(その記憶や、内容の真偽は別としてね)
 
そして、今回「中島みゆき」も、「麻生圭子」も、どっちかというと、「デュルケム派」だな、と結論した。
 
 
ってなわけで、結局何が言いたいのかってーと、
  • 「桑田真澄」を見てから、何を、どんなつながりで連想しているのか、わかったでしょ。これが通常の日課です。
  • ♪ 映画で見た セシルのように 嘘は言いたくない ♪」というセンチな歌詞を書く「麻生圭子」が悲しい過去も、遊んだもん勝ち」と言い放つ、という「デュルケム的世界」が好き
ってこと。