読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simpleA記

馬にふつまに 負ほせ持て

負けるな一茶ここにあり

今日は、お茶の話から始めましょ。


一茶というお茶がありました。
彼は、晩年、このよーな句を読んでますね。

ともかくも あなたまかせの 年の暮れ


いろんな解釈あるんでしょーが、おおざっぱに訳しておきますと、

あーあ、おれの人生も、終盤に差し掛かったなぁ


人生いろんなことあったけど、こんさき、どーなっかなんて、わかりゃしねーよ


とりあえずぅ、アミダ君に任せるよ

みたいな感じですね。*1


ここで、一つだけ注目しておきましょ。


「あなたまかせ」という言葉が出てきますね。

でも、この「あなたまかせの夜だから」の意味での、「あなたまかせ」とは意味違いますよー。


ここで使われてる「あなたまかせ」ってのは、「普通名詞」のよーに見えちゃうんで混乱をまねくぅんですが、全くもって、「専門用語」です。きっと。そんで、「あなたまかせ」ってのは、「アミダまかせ」って意味かもよ。


かなり強引に説明しときますと、「あなたまかせ」≒「他力本願」です。*2


そして、語弊満載で、かなりシンプルに説明すると、

「やせ蛙 負けるな一茶 ここにあり」って、お茶の句がありますね。


でも、闘ってる「やせ蛙」にとっちゃ、一茶の応援なんて、屁にもならんわけさ。


おめぇが、そこにいよーがいまいが、おれの、この勝負に、何もカンケーねーだろ。


ところが、それでも、一茶はそこにいて応援してくれてんだな。


おそらく、「やせ蛙」は、順当に、負けるでしょう。


そんで、負けたときに、分かるんだな。


一茶は、確かにそこにいて、応援してくれてた、と。


そして、なぜか知らんが、一茶がいてくれたこと、それだけで、うれしくなるんだな。


というわけで、結局何が言いたいのかっちゅうと、

そこらへんで、これから勝負に出る人へ
特に、負け戦だと薄々わかってんだけど、とにかく勝負に出る人へ


本名なのかどーか知らんけど、アミダさんって人がいて、そいつは、いつでも、応援してくれてるぞ。


「負けるなアミダここにあり」って感じで


でもさ、アミダが応援してくれよーが何しよーが、戦の勝敗にはカンケーないよ。それは、キミが闘え。


だけど、とりあえず、闘ってみぃ。骨は拾ってやる。アミダがな

ってこと。

*1:何かと異論あるとは思いますが、こんな世の中なんで、えぇじゃーないですか、こんなんで

*2:そんで、http://d.hatena.ne.jp/simpleA/20110509でも書いてんですが、「他力」とか「他力本願」って、結構ややこしい言葉で、私たちが普段使っている意味は、本来の意味じゃーないよ。「確信犯」と同じで、大半の人は、本来の使い方では使わなーいってもんです