読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simpleA記

馬にふつまに 負ほせ持て

何を惜しみ何を恨まん元よりもこの有様の定まれる身に


さて、またもや、「飛行機出発まで30分というところで、なんで、こんなもん書いてんでしょね」です。


久しぶりに、政治っぽいこと書きましょ。


タイトルの

何を惜しみ何を恨まん元よりもこの有様の定まれる身に

というのは、陶晴賢(すえ はるかた)っちゅうワカモンの辞世の句でーす。(wikipedia:陶晴賢)


意味としては、「もー惜しまんよ。もー恨まんよ。だって、最初から、こーなることは決まってたんだもんね」って感じ。


陶晴賢って名前を知ってるやつも、こいつが何したのかってことを知ってるやつも、かなりマニアだね。


おそらく、大半の人、知らんはずなので、いつものごとく、簡単に説明しとくと、

日本三大美人と言えば、「秋田、京都、石川」かな?


真偽はともかく、そんな三大○○はいっぱいあるわけさ。


そんな中、日本三大奇襲ってのがあって、その一つが「厳島の戦い(いつくしまのたたかい)」だね。(wikipedia:厳島の戦い)


その「厳島の戦い」でヤラれちゃった人が、陶晴賢

ってこと。(こんくらい知ってれば、単位はもらえるでしょう。)


さて、この人は、謀反な人となってますね。「陶殿謀反ルート」なんてもんまであるらしー。http://fukubara.web.infoseek.co.jp/2003a/2003_5_6.htm


なんで謀反な人なのかっちゅうと、負けたからですね。


世の中、勝てば官軍だっちゅうことです。(wikipedia:厳島の戦い)


さて、雑談はここまでで、本題はここから。


陶晴賢の最大の敗因は、

情報戦に負けて、逃げ場のない場所に身を置いてしまったこと

と断定しときます。


簡単に説明しとくと、

敵の毛利さん*1が、つぶやいた。「今、厳島に来たら困る なう」


それを見た陶晴賢は、「こいつ、こんなことつぶやいてるよー、アホじゃん。手の内ばればれじゃーん。こっそり攻めちゃおうぜ、なう」


そして、陶晴賢、こっそり、厳島に現れた


しばらくすると、毛利さんせめてきた


陶晴賢、「やばい なう」とつぶやいたとき、すでに手遅れで、逃げ場がない


そこは島なのに、船が一個もない


「がびーん なう」


「何を惜しみ何を恨まん元よりもこの有様の定まれる身に なう」


・・・

ってこと。詳しくは、wikipedia:厳島の戦いをみてください。



ってなわけで、結局何が言いたいのかっちゅと

悪知恵働かせて、みんなをおびき出す人います。


それにヒョコヒョコつられた人たち、痛い目にあいますね。


同様に、今、政府(セーフ)の「安全(セーフ)です」というつぶやきを真に受けて、厳島にひょっこり現れると、逃げ場を失いますね。


まず、何よりも、退路が断たれるよーな場所、状況には、いっちゃーいけませんね。自分がそんな場所にいるとわかったら、すぐに、ヒナンしましょぉ


何言いたいかわかりますね?


ってなわけで、今から、しんがぽーやじゃかるた〜への退路を作りに行ってきますので、いつでも、ヘルプ必要なら、声かけてね〜

ってこと。

*1:残念ながら、小五郎じゃないよ