読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simpleA記

馬にふつまに 負ほせ持て

しょせん、人生なんて筋肉なんです。

仕事でも、恋でも、なんだっていいから、自分にムチ打ちましょ。ビシバシ!


ただ、ムチの打ち方がモンダイさ。


ムチ打ちすぎると、ヘコたれちゃう。
でも、ほっとくと、たるんじゃう。


そんなときは、筋肉に聞いてみよう*1。どんくらいムチ打てばいいんですか?


筋トレの世界では、「超回復」という常識がある*2


チョー簡単に説明すると、

筋肉はトレーニングをすることによって、刺激が与えられ、一時的に疲労します。


しかし、十分な休養をとることによって、疲労した筋肉は次第に回復し、もとのレベルまで戻り、さらにもとのレベルを越えて一段上のレベルまで達します。


http://everyman.client.jp/kinniku.html

ってこと。


この元のレベルを超えて、オーバーシュートしてっちゃうことを、「超回復」と呼ぶらしい。まぁ、すてき。


ここで重要なのは、赤文字にした部分。

  • 一時的に疲労
  • 次第に回復
  • 一段上のレベル


つまりだね、仕事でも、恋でも、

  • 失敗することがある (一時的に疲労)
  • 悔しくて/悲しくて、泣く (次第に回復)
  • 成長してる自分に気づく (一段上のレベル)


ってなわけで、結局何が言いたいのかっちゅうと、

仕事での大失敗や失恋など、痛みを伴うことが起きたら、チャンスです。


十分な休養をとることによって、疲労した[キミ]は次第に回復し、もとのレベルまで戻り、さらにもとのレベルを越えて一段上のレベルまで達します。


そして再び[仕事/恋]を開始し、超回復を起こす。
この超回復を連続的に繰り返すことで、[キミ]は大きく強くなっていくのです。


ただし、[キミ]がしっかり超回復していない内に[仕事/恋]を行うと、[失望]が蓄積して効果はなくなります。


休養は、効果を出すためには絶対に必要な要素なのです。


つまり、しょせん、キミの人生なんて筋肉なんです。一度壊れて再生するときに、より強くなるんです。

ってこと。

*1:なんで?という質問は受け付けません。

*2:理論的にホントかウソか、なんて、ここではカンケーないからね。