読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simpleA記

馬にふつまに 負ほせ持て

同志社遠征報告 その1 写真編

*1

前にも言ったけど、simpleAは第4期突入*2したわけさ。そんで、あれこれ、仕掛けていくんだけど、その1発目として、関西遠征してきたんで、報告するね。


こっち*3でも、いろいろと書いておいたんだけど、今回の目的は、

「人間ほっとけば、どんどん安定してっちゃう。それはそれで幸せなんやけど、さらに一歩前に出るためには、多少つらくても、心を揺さぶられるくらいのところへ飛び込まにゃーあかん気がすんよ。大学生なんて、台風の真中で、ボロボロになるくらい心が揺さぶられてるわけで、まぁ、その台風でも、一緒に味わってこよーと思う」

ってこと。


なんで、こんな感じで、470名くらいの学生相手に、話をしてきました。


基本的には、こんな戯言です。

かなり就職難でしょ。キミたちも、数年で、直面するでしょ。



普通、安定志向でしょ。でも、私の歩んできた道、不安定きわまりなく、見えるでしょ。



でもね、どうにかなるもんなのよ。



むしろ、生きてりゃ、計画通りいかんもんなので、あえて、不安定の中に飛び込もうが、必死で、安定にこもってよーが、まぁ、どっかに辿りつくもんなので、そんなに悩みなさんな。



意外とみんな真剣に聞いてくれんのよね。私が学生だったころ、こんな真剣だったかしらーって思った。


そんで、出席替わりの感想レポートってもんを書いてもらったわけ。内容は後日、公開すんだけど、みんなびっしり書くんだよね。「出席替わり」ってだけだから、「楽しかったです」とか「ホレました」とか、ってくらいの内容だと思ってたんだけど、そんなこったーねー。次回の内容公開を楽しみにしとってね。


そして、講義終了後、教壇でお片づけしてたら、何人かが、話しかけに来てくれた。


今回、私に貴重な経験の場を提供してくれたのは、大学院時代のお友達のこの人。スペシャル・サンキュー!


次回は、2011年1月14日(金)、同志社大学の京都市内のキャンパスで、ゼミ参加予定。20人くらいだろうから、もっと突っ込んだお話しできそうですね。ゼミ終了後、「飲み会」するそーなので、ハジけてきまーす!


というわけで、結局何が言いたいのかって言うと、「予告通り、人生のあれこれで、大いに揺れ動いてる学生さんたちと、交流してきました。不安におびえた人もいたし、なんでもやってやるぞぃってな人もいた。ただ、人前で話をするってのは、実は、人前で、自分の指針を宣言するってことなので、学生さん相手に、なんでもやってみなはれ、って煽った以上、私も、なんでもやってみるしかありへんな。口だけじゃーないとこ、見せたるわぃ」ってこと。


同志社大学 京田辺キャンパス、とってもきれいでしたね。遠かったけど。


そのほか、全部で60枚の写真を公開しておきましたので、こっちもご覧あれー
http://picasaweb.google.com/narukin/20101208_Doshisha

*1:同志社にコウギしに行くって言ったら、床屋の女将に「抗議」しにいくと思われた。私でも「講義」することくらいあるんですよー

*2:http://d.hatena.ne.jp/simpleA/20101201

*3:http://d.hatena.ne.jp/simpleA/20101117、http://d.hatena.ne.jp/simpleA/20101128、http://d.hatena.ne.jp/simpleA/20101206