読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simpleA記

馬にふつまに 負ほせ持て

「おとといきやがれ」って言われたので、これはチャンスだね

無茶ぶりの帝王として、simpleAは前回、

カレントさん、校正の過程でやりとりした文書そのものをMy Open Archiveで公開させてくださーい


http://d.hatena.ne.jp/simpleA/20100706

という暴虎馮河なお願いをしたのね。


そしたら、なんと、中の人らしき方から返事来て、

というありがたい言葉をもらっちゃったの。


要は、「おとといきやがれ*1」ってことなので、チャンス大アリだね。


可能性としては二つ。

  1. カレントアウェアネスが、過程公開制度をつくる*2
  2. 誰か次に執筆をする人が、最初っから、「過程を公開させてね」という条件で執筆を引き受ける


そんで、1番については、対岸の火事として、大きなうちわで扇いで、火を大きくするしかできませんね。*3それか、@さんところで、何かやんないのぉ?


2番については、私が書くことは二度とない*4ので、id:min2-flyさんにがんばってほしーね。よろ


「やけっぱちのパンチドランカー」であるsimpleAは、今回の件で、MyOAの可能性について、体を張って実験したんだよ。その結果、少しだけでも、前に進んだよーな気がするよ。



ってなわけで、結局何が言いたいのかっちゅうと、「いつでも、誰にでも、閉塞感ってのは襲ってくるの。あのノーテンキなid:keitabandoさんでさえ、

という感じで、「調子悪い時期」があったらしーよ。実際何があったーか知らんけど、そーゆーときは、暴虎馮河なことでもしてみー。結果はさておき、何か風穴を開けるかーもしんないよ*5」ってこと。

*1:だって、「公開を前提としていない編集過程のやり取りの公開は難しい」ということなので、公開を前提で事前に交渉してれば良かったってことやね

*2:当然、id:keitabandoさんの[http://www.myopenarchive.org/:title=MyOA]が受け皿ですねw simpleAは一応、MyOAの宣伝部長なので。

*3:simpleAの本業は、「あおり」ですので。

*4:そんなチャンスもめぐってこないだろーし、仮にあったとしても、引き受けてるばーあいじゃーないので

*5:当然、失敗して、自分に穴が開く場合もある、あしからず