読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simpleA記

馬にふつまに 負ほせ持て

反観合一

三浦梅園(http://d.hatena.ne.jp/simpleA/20081011)は、こう言いました。

條理の訣は反観合一、捨心之所執、依徴於正のみに候。*1


(訳文)探究のための秘訣は「反観合一,心の所執(習気)を捨て,正しき徴(証拠)に依る」である。*2

ってなこと言われたって、わけ分からんわけです。


ところが、こんなのを見てみると、どーでしょか?

  暑 明 半袖 教室 7月     寒 暗 もこもこ 肉とビール 1月


どっちも、「三ちゃん(id:elmikamino)」が、日々生きている札幌の姿なんです。


三ちゃんを知ろうと思ったら、札幌を知ろうと思ったら、現地で、暑いのも/寒いのも、明るいのも/暗いのも、半袖短パン姿も/重ね着に重ね着をかさねたモコモコも、なんとなくお堅い雰囲気の教室も/食いすぎ飲みすぎも、両方とも経験してみなくちゃー、分からんわけ。


梅園を引っ張り出してきて、私が言いたいのは、たったの二つ。


1.とにかく、現地へ赴け (捨心之所執≒急趨華圃)
2.しかも、両極端を経験せよ (反観合一)


というわけで、1月の札幌になぜか行ってきました。またもや、三ちゃんには大いにお世話になりました。感謝。


たーくさんの思い出できたけど、あえて一つだけ挙げると、こちらの動画。


http://tinyurl.com/agqyjg

ちょっと動画だけじゃ、伝わらないかもしれないけど、かなーりバカげてます。どこがバカげてんのかっちゅうと、こんな氷点下の山ん中を、なんでオープンカーみたいなのに乗って、頂上を目指してんでしょうか、私たちは。とにかく寒かった。でも楽しかった。犬がシッポ振る気持ちが分かったよ。


ってなわけで、結局何が言いたいのかって言うと、「反観合一ってのを言葉で理解しようとすると、やっぱり限界あんだけど、体験しちまえば、なんてこったーない。やっぱり、何でもやってみるに限る」ってこと。


さーて、そろそろ、3月6日@京都、7日@大阪かなー。

札幌 1月25日 京都 3月6日 大阪 3月7日

*1:http://www.coara.or.jp/~baika/tagasho/jori002.html

*2:http://www.lib.nakamura-u.ac.jp/e-lib/miura2/head.htm