読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simpleA記

馬にふつまに 負ほせ持て

最後の1ヤードだから


最後の1ヤードと言えば、みなさん、覚えてるかしらん?2007年の第62回甲子園ボウルで起こった「奇跡の逆転」。画質が良くないけど、興奮度合いは伝わってくるから、見てみて。(画質良いバージョンは、最後のニコニコを。)

4点差を追う関学大エンドゾーン(ゴール)まで残り1ヤードと攻め、ラスト3秒でRB横山が中央ランプレーで逆転TD。*1
http://blog.kansai.com/pinokioman/10642


最後の最後で、正面からぶつかっていった姿にナ・ミ・ダ。


さて、simple Aは、こんな関学大みたいに、ラスト数秒・最後の1ヤードだからこそ、力を抜かない、ってのが体質なの。ホントは熱いの!メラメラメラ〜


大分から比嘉さん(id:Ryu-higa)が来るまで、残すとこ、たったの2週間。たとえ関東圏にいたとしても、なーんで、津田沼in千葉なんてヘンテコなとこまでいかんとあかんのだ?と思ってる人へ、最後にチョコンと背中押しまーす。遠くから来る比嘉さんだけでなく、シュポシュポ参加者全員のため、志を、一つでも多くかき集めるため、最後まで呼びかけるよー!


巷でちょっとした有名人の比嘉's母は、ある日、迷う息子に向かって、こう言ったんだとさ。

お前は本気かどうか試されているんだぞ?[津田沼に行き]たいと本気で思っているかどうかを。


金[or時間]がない?そんなもんやり方さえ間違えなければ簡単に[とり]返せるでしょ?真剣に生きているから、そういった巡り合わせがあるんだよ。それを逃してしまうあなたはそれでいいの?


http://d.hatena.ne.jp/Ryu-Higa/20080404/1207315726


そんな母の言葉を受けて、比嘉さんは言ったとさ。

自分は本気じゃなかったんだという悔しさとお袋が「生きる事を真剣に悩むあなたを誇りに思う」という優しさで涙が止まらなかった。[津田沼に行く]だけで、物事が好転するわけではない。けれど、実際に[津田沼]は存在するってことを誰かの情報ではなく、僕自身で確認したかった。微弱ながら、その想いを発し続けた結果、僕に訪れた縁を大切にしたい。そう思って生きてきたし、ずっとこれからもそういった生き方をし続けるためにも[千葉シュポシュポ]に参加することにした。行ってすごく良かった[ということになるだろう]。苦しい状況に追い込まれることにな[るかもしれないが]、それは人生を揺るがすような出会いや発見だった[ということになるだろう]。


http://d.hatena.ne.jp/Ryu-Higa/20080404/1207315726


ってなわけで、結局何が言いたいのかって言うと、「確かにね、6月7日に津田沼に来るだけで、物事が好転するわけじゃなーい。世の中そんなに甘かなーい。でも、真剣に生きてるから、そういった巡り合わせがあんだよ。電車で数時間で行ける距離に比嘉さんが来んのに、それを逃してしまうあんたはそれでいいのぉ?千葉シュポシュポは、ヘンテコな名前だけど、人生を揺るがすような出会いや発見になるかもしんないよ」ってこと。


千葉シュポシュポ情報
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080523_bodybuilding_too_far/


間違えました。こちらでーすよね、平ちゃん(id:ai247)。
http://d.hatena.ne.jp/simpleA/20080518



(関連映像)
お時間ある人は、こっち。20:00からが山場ですが、最初からジワジワ見ていくのがよろしいかと。土曜だし。


こちらのつぶやきシローのつぶやきもご覧あれ。ハンカチ用意。

「自分は本気じゃなかったんだという悔しさとお袋が「生きる事を真剣に悩むあなたを誇りに思う」という優しさで涙が止まらなかった」by 比嘉さん(id:Ryu-higa
「訪れた縁を大切にしたい。そう思って生きてきたし、ずっとこれからもそういった生き方をし続ける」by 比嘉さん(id:Ryu-higa

*1:ミニ解説:アメフトでは、TD(タッチダウン:サッカーで言えばゴールみたいな感じ)ってのを決めると、6点入る。RB(ランニングバック)というのは、ボールを抱えて走るプレイヤー。アメフトは、ボールを前に投げたり、抱えて走ったりして、相手の陣地に攻め込むゲームね。RBは私のお気に入りポジション。